スリーグッドシングス

【20190608】1.小学生のときよく通っていたバッティングセンター

1.小学生のときよく通っていたバッティングセンター

地元の大学生らしき人たちがいて、全体的にレベルが高かった‥!
単純にスイングスピードが遅くなっているのか、かつてに比べ振り遅れている。
足を高く上げない。ゆったりと構えて対応力をあげる。
ときどき行こう。そしていつか息子とも行きたいな。

2.レトロ自販機でうどんを購入

この前も書いたけれど。バッティングセンターからの自販機うどんはクセになる。
アツアツの具沢山の天ぷらがたまらなく美味しい。

3.じいちゃんの言葉を思い出す

全然「楽しい」ではない。
今日は家族がそろった。じいちゃんのおかげだ。
「戦争は二度としてはいけない。ケンカをするなら一対一でやれ」

=====
「奴隷制とは、自分の意志を犠牲にすることだ。
そこでは人々は、それを良しと認めなくとも従わねばならず、自由も祖国もないのである。人民に余計な法を課すものは圧政者となる‥‥。
法は権利を生み出さないが、権利は法を生み出すのだ。」
〜 ジル・ドゥルーズ編著 加賀野井秀一監修『哲学の教科書 ドゥルーズ初期』〜

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です