スリーグッドシングス

【20191231】1.1年に一度、父が料理をつくる日

1.1年に一度、父が料理をつくる日

2週間くらい前から「チゲ鍋をつくる」と張り切っていた父。

なぜか昔から、ごくたまに出てくる父の料理が好きだった。

味が濃くて、量が多くて、でもやさしい味がする。

はやく息子にも食べさせてあげたい。

 

2.はじめての家族3人で過ごす年越し

昼と夕飯は僕の実家で食べて飲んで、

そこから息子が寝る前に自宅に移動して3人で年越し。

すべり台がこれまでよりも上手に前向きで滑れるようになった。

すべり台用の階段もスタスタと登れるようになった。

大人たちの真似をよくするようになり、

トランプを並べていると、一緒に遊びたいのかその上に寝そべってトランプを撒き散らすようになった。

もっともっと、もっともっと一緒にあそぼう。

 

3.チャレンジした1年

「結果」としては非常に厳しかった部分もあるけれど、

転職活動、新居の完成と住宅ローン、息子と2人きりでの留守番、資産運用、公共交通での通勤、飲み会はなるべく一次会で帰る、料理、飛行機での家族旅行、LINEスタンプ、ツイッター、note等々

と興味があるものに対しては前向きにどんどんと行動に移すことができた。

もう本当に時間がない。

「バラの言葉ではなくて、バラの行動に基づいて判断すべきだったんだ。」
〜サン=テグジュペリ『星の王子さま』〜

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です