スリーグッドシングス

【20210504】1.行動する人が身近にいると、幸福度が高まる

1.行動する人が身近にいると、幸福度が高まる

今回の連休を通じて改めて感じたこと。

いまの僕にとってはそれは間違いなく家族で、

息子は毎日成長しているし(1週間単位で出来ることがけっこう増えていて驚く!)、

妻もより良い人生に向けて

仕事や料理、庭の手入れ等行動し続けている。

これは友人でも上司でも後輩にも同じことが言えるけれど

成長している人や、常に努力している人の近くに身を置くだけで

自分も何かチャレンジしたいという前向きな気持ちになる。

‥最近フルート始めた父の影響で、義母も新しい習い事を始めるらしい。

そういう連鎖は、とても良いと思うし

自分自身がその揺らぎを与えられる人間になりたい。

とりあえず、現在制作中のサイトを更新しよう。

 

 

2.朝起きてからスマホを一切見ずに温泉に入ると、心身が軽やかな状態で1日が始まる

昨日から宿泊していた旅館で、

息子が眠っている間に妻と僕で交互に朝風呂。

硫黄の煙が立ち上る大浴場、露天風呂から見える絶景、そしてサウナを数回入ったことで、完全に心と身体が同時に仕上がった。

そしてそういう時に頭に浮かんだことは、大切にしたいと思った。

それが今回の場合は1に書いた、「行動する人が身近にいると、幸福度が高まる」

ということ。

また、家族で、温泉に行こう。

強制的なデジタルデトックス、大切。

ここまで効果を実感できるとは。

 

 

3.連休前にできなかったことが、連休終盤にできるようになっている息子

旅館から帰ってきて、今日の午後は家族で公園に出かけた。
そうしたら、息子が連休前に比べて明らかに成長していて驚いた。

<連休前>

・すべり台は登れるけど「こわい」と言って降りられず。

※かつては上手にすべれたけどまた怖くなったみたい。

・すべり台を逆走(滑る部分を下から上にのぼる)したくても、半分も行かずに手を放して、ベタっとうつ伏せになり降りてくる。

・ジャングルジムを登れるのは1段目まで。

<連休後>

・すべり台はキャッキャしながら滑れるようになっている。しかも手を離しながら。

・すべり台逆走も初めて出来た。嬉しくて階段を使わずに、すべり台の上と下を行ったり来たりしていた。

・ジャングルジムは一番上まで登れた。

‥いったいどんな変化が起きたのだろう。

少しわかったこととしては、
今日はずっとニコニコしながら、
気付いたらとても簡単そうにやっていたから、

「できる!」となるには、
気持ちの部分もとても大きいのかもしれない。

親としてのうれしさもあり、人としての興味深さも残る1日。

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です