学び

【20210125のスリーグッドシングス】3.湯たんぽは最高だけど低温やけどに注意

3.湯たんぽは最高だけど低温やけどに注意

ベッドに入るときに、あたたかい湯たんぽが先に入って待っていてくれると

とても幸せな気持ちになる。

一方、気持ちよさのあまり湯たんぽとくっついたまま寝ていると

低温やけどをしてしまっていることがある。

妻がまさにそれで、約1か月間完治しないままでいる。

初めの頃はくるぶしの辺りが腫れていて、

今もかさぶたがジュクジュクしていて痛々しい。

我が家ではそれ以来、本当に寝る直前は

湯たんぽを身体から離すか、肌に直接触れない腰の辺りまで上げることにしている。

何事も、適度な距離感が大切。

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です