スリーグッドシングス

【20210107のスリーグッドシングス】1.クライアントへの謝罪当日に、上下別のスーツで出社してしまった

1.クライアントへの謝罪当日に、上下別のスーツで出社してしまった

今日は朝から大荒れの天気予報だったので、

7時台には会社に到着。

万全の状態で朝イチの謝罪に迎う‥ハズだったのだが

コートを脱いだ瞬間に明らかにスーツの上下が違っていた。

上着は黒のストライプ。
パンツは紺の無地。

‥いやいやいやいや!

イヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤ!!!

これはぜっったいにアカンやつ!!

これだけは、今日だけはやってはいけないヤツ!!!

違和感しかない。

‥幸い朝がまだ相当早かったので

妻にお願いして紺のスーツを車で届けてもらうことができた。

何でこういうことを、
こういう時に限ってしてしまうんだろう‥。

嗚呼、情けなし。

でも

たまたま早く出社していて、

たまたま妻が動ける状況だったのは

「不幸中の幸い」というやつだ。

ご迷惑をおかけしました‥。

こういうところが、昔から治らないなあ。

 

 

2.PR会社に転職した同期のビジネススキルが格段に上がっていて焦る

12月に「どこかで話せない?」と、
半年ぶりくらいに連絡をもらったので

17時半から久しぶりにzoomで1時間近く話をした。

自信に満ちているような雰囲気で、

何より仕事に一生懸命取り組んでいる姿が

ヒシヒシと伝わってきた。

真剣に仕事の話をするのはお互い、

特に初めの方は照れくさくて冗談を言い合っていたけれど

そんな冗談でも隠せないくらい、目の前の仕事と向き合っていた。

地方で暮らす僕が普通に見聞きするような話題の中にも、

彼が関わったものがあったので驚いた。

今日も残業をして企画案を仕上げるとのこと。

さすがにちょっと焦った。

翻って僕はどうだろう。

彼の目には、僕はどう映っていたのだろう。

刺激になる良き機会を与えてくれて、ありがとう。

 

 

3.天気が悪い日ほど、営業&謝罪日和

今回の僕のミスに対して、

怒ったりネガティブなことを言う人は

取引先含め1人もいなかった。

心からの謝罪をして、

先輩やパートナー企業がフォローをしてくれて

逆に話が終わる頃には

これまで以上に密な関係になることができた。

今日も朝イチで出かけるときに、

観測史上でも稀な暴風雪だったけれど

先輩や上司は

「今日は絶好の営業日和だな。行ってこい!」

と快く送り出してくれた。

同じ現象を見ても、とことんネガティブな反応をする人と

テンションが上がってポジティブな反応をする人がいる。

後者が多い職場に身を置けていることは

とても有難いことだ。

=====

「文句なしにいい作品と言うのは、そこに表現されている心の動きや人間関係というのが、俺だけにしかわからない、と読者に思わせる作品です。」
#吉本隆明 #真贋

 

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です