スリーグッドシングス

【20210101のスリーグッドシングス】1.お詣りするとき、いつの頃か家族のことを祈るようになっていた

1. お詣りするとき、いつの頃か家族のことを祈るようになっていた

妻の実家の近くの八幡宮で初詣。
と言っても息子は寝ていたので、
妻と息子には車の中で待っていてもらって
家族を代表して行ってきた。

家族の健康と幸せ。
1人だけで幸せになることは、
実はみんなで幸せになるよりも
はるかに難しいことだから。

家族の幸せ無しには、
自分の幸せはあり得なくなっている。

 

 

2.妻の実家へ行き、ご馳走をたらふくいただく

手作りの唐揚げに海老フライ、ステーキにフグ刺し、雑煮やサラダ、帆立の煮付け?などの一品料理。

風呂にも心置きなく入らせてもらい
至れり尽せりな時間を過ごさせていただいた。

こんなに良くしてくれるなんて、
本当に「有り難い」ことだ。

3.30分間、目を閉じて寝る前のリラックス

今日はスマホを長くみてしまったので、
スマホに一切触れずに横になってみた。

思った以上に思考が整理されて、
穏やかな気持ちになった。
スマホを眺めているよりも、
触れない方がはるかにリラックスできる。

=====
「新聞には、社会全体を俯瞰する一面があります。情報の質も、他のメディアと比較しても圧倒的に優れています。

#尾藤克之 #頭がいい人の読書術


 

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です