スリーグッドシングス

【20201122のスリーグッドシングス】1.自分がつくったものが世に出ることの嬉しさと怖さ

1.自分がつくったものが世に出ることの嬉しさと怖さ

良いチームで仕事をさせてもらえた(特にママさんの仕事の早さは半端ではない!)。

当たり前だけど、

1人ではなくチームだからこそ、

会社を超えたメンバーだったからこそ、

大きな仕事ができたし

そもそもかたちにすることができた。

各メディアでも告知が始まる。

あとは。

一人でも多くのひとに届けれなければ。

 

 

2.息子が長いすべり台を1人で滑れるようになった!

つい先週まではママと一緒に滑っていたらしいけど

今日は一人で滑れるようになった。

1回目は怖くて思わずうつ伏せですべって、

2回目は両手を使って全力でブレーキをかけながら。

そして3回目はほとんどブレーキもかけずに

前向きに座って滑れるようになった。

そのあとも1人で何度も滑っていた。

息子が成長する瞬間を間近で見れてうれしい。

 

 

3.妻が夕食の準備をしているときに息子と2人で散歩をすると、幸福感が高まる

息子と二人、手をつないで散歩。

すっかり暗くなる時間が早まったので、

月や星や飛行機がよく見える。

今日は不思議とあまり話さなかった息子の横顔を見ながら

僕もなるべく黙って歩いた。

君は何を感じながら歩いていたのかな。

近所を20分くらい散歩して

明かりのついた我が家に帰ってくると、

妻のやわらかい「おかえり」の声と一緒に、

あたたかい鍋が出迎えてくれた。

これはたしかに、しあわせ。

たしかにしあわせ。

 

=====

「一度きりの人生いつ死ぬかわからないから

明日死んでも今死んでも笑顔で楽しかったって言える人生を送りたいっていうのは僕のモットーなので

これはやっぱり口に出さないとかなうわけない」

#WinWinWiiin #手越祐也 #宮迫博之 #中田敦彦

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です