スリーグッドシングス

【20200926】1.実家の両親が孫のために家の柱に穴を開けて身長計を掛けていた

1.実家の両親が孫のために家の柱に穴を開けて身長計を掛けていた

僕たち3兄弟が幼い頃に使っていたもの。

もしかしたら、もしかしたら。

「いつか孫が生まれたときのために」と、

何となく捨てずにいてくれていたのかなとか思ったら

胸が熱くなった。少しだけ。

じじばば大好きな孫は、
今日も「じじー!ばばー!!」と言いながら
じじにジャンプしながら抱きついていた。

これからも有難く使わせていただきます。

 

 

2.息子、ともだちに噛まれる

左手首に丸い歯型が残っている。

どうやら昨日保育園で友だちに噛まれたらしい。

噛まれたときに息子は泣かなかったので、先生も後から知ったらしく

迎えにきた妻に謝っていたとのこと。

息子もいくらでも友だちを噛んでしまうことだってあると思うし、

僕自身も報告されたときは「しょうがない」という感じでやりすごしたけれど

やっぱり赤く残る歯型を見れば見るほど痛そうで、

息子をギューっと抱きしめてしまった。

息子はキャッキャと笑っていた。

 

 

3.仕事での焦りや後悔を妻に話したら「それでも社会とつながっていることは素晴らしいこと」と言われた

好きだった仕事をやめて、

勉強してようやく入った会社を1週間でやめた妻のことば。

「得意かどうかよりも、やる気の問題なんじゃないない?」

‥たしかにそうかも。というか絶対にそうだ。
ドキッとする。

=====
「場数の積み重ねだけが勘を磨く。たくさん挑戦して、たくさん失敗しよう。
場数が少ないくせに「なんとなく」でブレーキを踏むな。
前例がないから怖い?命まで取られないか大丈夫。」
#バカとつき合うな #西野亮廣 #堀江貴文

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です