親族

【20200921】1.「家族のための仕事」はあっても「仕事のための家族」は無い

1.「家族のための仕事」はあっても「仕事のための家族」は無い

今日は妻と息子と僕の家族3人で、妻の実家へ遊びに行った。

車で30分くらいの距離。

妻の実家では義姉と甥っ子も合流し、

両親、義妹も含め総勢8人で一日中過ごした。

中華料理店の座敷を貸し切って昼ご飯を食べたり、

牛や山羊を間近で見て大人もこどもも興奮したり、

暗い廊下と和室を行ったり来たりして甥っ子と息子と「お化け屋敷ごっこ」をしたり、

それを見ていた両親が「しんだじいちゃんが見ているかもね」と言ったり、

夕飯はこれでもかというくらいご馳走になったり、

恐ろしい量のお土産を持たせてくれたり。

「圧倒的味方」がいてくれることの安心感、心強さよ。

明後日からの仕事は間違いなく慌ただしくなると思うけど、

この人たちがいるから、僕は仕事を頑張れているのだと、

帰りの車でしみじみ感じた。

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です