【20200901】1.妻の転職初日

1.妻の転職初日

朝からとてもソワソワしていた妻。
こういう時に限って息子は保育園に行きたがらず、
玄関でペタッと座ったまま嫌がっていた。
そんな時でも怒らず、しゃがみながら優しく息子を立ち上がらせて、手を繋いで一緒に保育園に向かう妻は本当に凄い。

僕は僕で、今日は仕事がとても立て込んでいたけれど
全てを置き去りにして、転職祝いの花を買って真っ直ぐに帰宅した。

18時半に家の玄関を開けるなり、
「話したいことがたくさんあるー!」と困った顔で駆け寄ってくる妻と
その後ろでトコトコ、ニコニコしながら踊っている息子。

夕食時には妻の新しい門出に乾杯した。

発泡酒ってこんなに美味かったっけ?

「念願の経理職につけたのはいいけれど、周りが何を話しているのかが、全くわからない」
「ひとり立ちできる気がしない」
「制服が無事に入ってよかった」
「人間関係は良好そうでホッとした」
「帰り道は意外に混む」
「仕事が終わって保育園に息子を迎えに行って、駆け寄ってくる息子を見たら安心した」
「簿記ほど、試験で習った問題が実践で出てくる資格はないのではないか」

‥こんな話は、去年の今頃の僕=毎日深夜に帰宅していたらきっと聞けなかっただろう。

今日は、僕としては会社には嫌われたかもしれないが
妻と僕自身、家族にとってはとても良い1日だった。

カテゴリー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です