スリーグッドシングス

【20200804】1.入社10年目の妻の退職金が64,500円だった

1.入社10年目の妻の退職金が64,500円だった

「退職金ポイント」自体は1,260,000あったらしい。
それが妻の場合だと「掛け率=0.05」になり、受け取る額は上記のとおりになった。
正直相当少ないのではと思ったけれど、これが相場なのだろうか。

その他にも企業年金や退職金制度がない会社も普通に存在しているので、もう少し詳しく調べてみたい。

‥そもそも「退職金ポイント」って、何???

2.寝つきがとても悪い息子

最近の息子はママに横抱きで30分は抱っこされていないと寝なくなっている。

それまではとてもゴキゲンでパパとも遊んでいるけれど
寝るときは必ず泣きながらママのところへ行く。

ママ布団に入ると5分くらいで眠る時もあるのに、こういうところはパパに似てしまったのだろうか。

3.社会人大学で、これまで実施してこなかった工夫をして発表することができた

・チームの発表順を通常と逆にした
←後半のメンバーほど発表時間がなくなりがちだったため
・文字を色分けして、わかりやすいビジュアルにした
←これまでは黒一色
・発表時のカメラをオンにした
←発表者の顔が見えた方が、見ている人が飽きない

いずれも初めての試み。
きちんと時間内で収まったし、発表の仕方も前回よりも落ち着いてできたと思う。
それにしても‥暑かった。

=====
「 中国とアラブ諸国の最も大きな違いは、アルジャジーラのように自由な報道ができる放送局がなかったということです。
「アラブの春」は、SNSで始まった小さな運動をアルジャジーラが報道して大きく広がりました。
中国でも、SNSを通じてごく一部の人は集まることはありましたが、中国のメディアはそれを報道しません。
結局中国のほとんどの人は、反政府運動が起こりつつあることすら知らないままでした。」
#池上彰 #池上彰の世界の見方 #中国 #香港 #台湾

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です