スリーグッドシングス

【20200711】1.亡くなった親友のお母さんに息子を会わせることができた

1.亡くなった親友のお母さんに息子を会わせることができた

月日の流れは本当に早い。
中3の夏。

お母さんはよろこんでくれたのかな。
息子をギュッと抱っこしてくれた。
どんな感情だったのだろう。本当は。

「親より先にしぬことほど、悲しく切ないことはない」

今でも時々、会いたくなる。

2.大学時代の友人と再会

お気に入りの中華からの喫茶店で近況を語った。

もうすぐ結婚しそうだったり
長年付き合った彼女と別れたり

価値観や環境が異なっていても付き合っているからこそ
友だちは友だちなんだと思った。

年内に温泉に行くことになった。

3.妻が少しネガティブになっている

有給消化中&転職希望先内定済の妻。

それでも、
『『はたらかざるものくうべからず』なのにお腹が減る」
などと言ってひとりで凹んでいる。

人は暇すぎても、不安になるらしい。
(僕からしたら妻は全く暇そうには見えないけど)

明日の朝はもっとゆっくりと話せそうだ。

=====
「日本服というものを、末梢的にこねくって不徹底なみっともないものにするよりも、働くための服装は思い切って東西を問わないその人々の仕事にふさわしいものに変化させて行ったらいいのだろうと思う。」
#宮本百合子 #働くために

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です