スリーグッドシングス

【20200611】1.息子が自分から手をつないで、行きたいところへ連れていってくれるようになった!

1.息子が自分から手をつないで、行きたいところへ連れていってくれるようになった!

傷がついた壁紙やおやつが置いてある棚など、自分のお気に入りのところに行くときに、

僕やママの手を引いて(無理やり)連れていくようになった息子。

右手にトーマスを持っていたときは、

床に置こうか一瞬迷った末、左手に持ち替えることを思いつき

左手はトーマス、右手は僕の手をギュっと握り締めている息子。

また君だけが知っているお気に入りの場所に連れていってね。

2.アドセンスの審査に落ちた

落ちるだろうなとは思っていたけれど

いざ落ちると普通にショックだった(笑)

まだ書きたいことの1割もできていないので

早めに移行作業を終わらせないと。

今はまだ2019年2月だ。コツコツやる。

3.庭の野菜がすくすくと育っている。

ピーマンの花が白いことを、初めて知った。

先週はしその葉っぱを取って、そばと一緒に妻が食べていた。

「日々成長するものが身近にあること」がしあわせにつながるということは、

このスリー・グッド・シングスがきっかけで初めて気が付いたことだった。

「アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、
無重力状態ではボールペンが書けないことを発見した。
この問題に対処するために、NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて、無重力でも上下逆にしても水の中でもどんな表面にでも氷点下でも摂氏300度でも書けるボールペンを開発した。
一方ロシアは鉛筆を使った。」
#仕掛学 #松村真宏

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です