学び

【20200512】1.技術シーズを取るか、市場ニーズを取るか

1.技術シーズを取るか、市場ニーズを取るか
今日は社会人大学の初日。
社会人大学自体も、teamsでのオンライン授業も初めての経験だった。

タイトルの「技術シーズを取るか、市場ニーズを取るか」は、その中の1つのテーマ。
初対面同士でも活発な議論がされていてとても勉強になったし、自分の力量不足を痛感してしまった。
こういった問いは、立場や組織、時代によってそれぞれの考え方があるため、一概には括ることはできず「正解」はないのだと思った。

僕自身の考えとしては、
「技術シーズを見据えた上で、市場ニーズを狙いにいく」
というもので、順番だけに絞ると市場ニーズが先にくるということになる。
ただし、そこにニーズがあるとわかった瞬間に、競合や資本力のある他社が参入してくる可能性が非常に高くなってくる。
そうなった後に生き残れるのは、技術力=他社と差別化できる能力を持っている組織になってくるだろう。

その他にも、Appleのように自ら市場を生み出し、参入障壁を抜群に高くするケースもあれば
日立のように、市場ニーズを最優先して、そこに自社の技術を引き上げていったというな事例やその背景にある思想を聞けて、非常に参考になった。
ただ、今回は1度も発言できずに終わってしまったので、来週は必ず自ら発信をする。
頑張る。

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です