スリーグッドシングス

【20200420】1.リモートワークで結果を出すことの難しさを日増しに感じる

1.リモートワークで結果を出すことの難しさを日増しに感じる
試行錯誤しながら日々の業務には取り組んでいるけれど「リモート=営業自粛中」の雰囲気がまだまだ多分にある。
今はもちろんその通りで、下手な立ち回りをすればネガティブな影響も出てくるだろうけれど
今後ウイルスとの共生を長期間余儀なくされる場合、
たとえば営業の「アポ取り」から「ヒアリング」「提案」はもちろん「クロージング」まで全てリモートでやることを求められると、一気にハードルがブチ上がる。
「お茶を飲みながら雑談する」という、実はお互いのことを知る上でもっとも大切なやり取りもなくなってしまう。
‥そもそも「営業する」という概念自体を変える必要があるのかもしれない。

2.原油注文を取りやめ
いくらチャートが異常に下がっているからといって、
自分がよくわかっていないものはもう買わないと決めたのだった。
指値注文を取りやめ。

3.3食すべてを家で食べた
朝はピザトースト、昼は焼きそば、おやつにヨーグルト+いちごサンド、夜はふるさと納税で買った佐賀牛で贅沢牛丼。
すべて妻が作ってくれて、3食すべて家族と一緒に食べた。
味噌汁の中に麦茶を入れてからゴクゴクと飲む、きっと今しか見られないだろう、これまで知らなかった息子の一面を見られてよかった。

=====
「「まあ、よかったねやせたねえ。」みんなはしずかにそばにより、鎖と銅をはずしてやった。
「ああ、ありがとう。ほんとにぼくは助かったよ。」白象はさびしくわらってそう云った。」
#宮沢賢治 #オツベルと象

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です