スリーグッドシングス

【20200414】1.妻が投資家的な考えを時々していて勉強になる

1.妻が投資家的な考えを時々していて勉強になる
沖縄の焼き物「やちむん」好きな妻。
その理由を改めて訊いたところ、
手仕事によって生まれるオンリーワンの民芸品であることや、普遍的で使いやすいデザイン性・機能性は言わずもがな、
何より「価値が下がらない」ところがとても良いとのこと。
曰く、「もし使わなくなったとしても、買ったときとほぼ同じ価格で売ることができるから、実質的にとてもおトクに、質の高い生活を送れる」とのこと。
車を選ぶときも、「セレナが高く売れる」と言う視点が入っていたりと
彼女が持つそういった「投資家的な」考えは
僕の大きな刺激になっている。

2.息子が「グーチョキパーで何つくろー?」の歌を覚えた!
チョキはもう少しでできるようになりそう!
歌に合わせて踊ったり、一緒に手遊びができるようになった。
「右手はパーで、左手もパーで、焼き土下座ー♪」
とカイジ風にやると
息子は大爆笑してくれるけれど、妻には全力で止められる。

3.上司に「プレゼンが上手になった」と言われた
昨日のプレゼンの反省を踏まえ
改善点を自分なりに意識しながら話せてよかった。
企画書ではなく、相手の表情を見ること。
そのとき、どこに共感しているか
をきちんと見て、話す内容や順序もその場で自分なりに変えることができてよかった。

=====
「つまり、感染しても症状が出ない牛痘ウイルスに対して獲得した免疫が、牛痘ウイルスと共通構造をもつ天然痘ウイルスに対して免疫作用を行うということです。」
#鈴木隆二 #免疫学の基本がわかる辞典

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です