スリーグッドシングス

【20200325】1.宝くじ1等に当たる確率は日本におけるコロナウィルス死亡者率よりもはるかに低い

1.宝くじ1等に当たる確率は日本におけるコロナウィルス死亡者率よりもはるかに低い

・宝くじに当たる確率:0.000005%
・日本におけるコロナウィルス死亡率:0.000044%
約9分の1。
死亡率と比べてしまうのは不謹慎かもしれないけれど、宝くじという商売がいかに「当たらないように設計されているか」が改めてよくわかる。


2.お金の話ができる「他人」がいることの大切さ

僕の場合は昨日2人で話し合った先輩。
家族以外の話すことで、自身のことも客観的にみることができる。
資産価値の高いマンションに住むことで、10年単位で住み替えるという発想は
これまでの僕にはなかったので勉強になった。


3.会議の準備が甘くて次回に持ち越しになってしまった

何を決めるための会議なのか。
それに向けて何を準備して、どのように発表してもらう必要があるのか。
事前にもっと丁寧に時間をかけてしつこくアナウンスをするべきだった。
会議=多くの人の時間をいただいているだけに
まだまだ甘い仕切りになってしまっていた。
何て申し訳ないことをしてしまってのだろう‥今回のミスを取り返すべく、次回はきちんと準備をして臨もう。

=====
「常識は、いいものである。これには従わなければいけない。けれども常識は、十年ごとに飛躍する。」
#太宰治 #創作余談

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です