スリーグッドシングス

【20200317】1.「大学生の頃は『何か面白いことないかな〜』と思って過ごしていたけど、息子が生まれてからはそんなこと1ミリも考えたことがない」という妻の言葉に新鮮な驚きを覚えた

1.「大学生の頃は『何か面白いことないかな〜』と思って過ごしていたけど、息子が生まれてからはそんなこと1ミリも考えたことがない」という妻の言葉に新鮮な驚きを覚えた

風呂上りにふと話してくれた妻のことばが、未だに耳に残っている。
たしかに息子の存在は何ものにも替え難く、彼を抱っこをするときには愛しすぎてきつく抱き締めすぎないように、自分の奥歯をギリギリと噛んでないといけないほどだ。

けっきょく「面白いこと」というのは向こうから勝手にやってくるものではなく、自ら起こさないと面白くなってくれないのかもしれない。
そういう意味では、いまの妻はたしかに以前よりもとても主体的になっている気がする。

2.社会人大学の社内選考合格

おかげで20万近い受講料が100%会社補助となった。なんて有難いことなんだ。
このチャンスは絶対に無駄にしない。
しかも尊敬する先輩と一緒の講座で、僕らしか受かっていなかった。
とりあえず一生懸命勉強してみよう。

3.LINEスタンプ申請

はじめて実用的なスタンプをつくってみた笑
完全に妻には呆れられているが、こういうスタンプが跳ねたらとても面白い。
家族と義妹の友だち以外にも、新規の人が買ってくれたらいいな。

=====
「今こそ大きな声で「あっちに美しいものがありますよ」と言える人でありたいと思った。」
#霜田明寛 #機内アナウンスが教えてくれた「美しさ」

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です