【夫ブログ】季節や気候

【20191216】3.顔面が痛いほど寒かったけれど、恐いほど星が綺麗だった

3.顔面が痛いほど寒かったけれど、恐いほど星が綺麗だった

最寄りのバス停直前でガバッと目覚めて、まぶしいほどの月を見ながら帰ってきた。

東京も大好きだったけれど、そこではあり得なかった光景をみることができている日々だ。

なにかを選んでいる分、なにかを捨てている。

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です