投資・運用・節税・貯金

【20191104】1.両親から子育て資金の話を聞いて、まだまだ足りないことを知った

1.両親から子育て資金の話を聞いて、まだまだ足りないことを知った

3兄弟とも大学に行かせてもらった。

東京私立の長男は1,500万くらい、その他にも関西に7年間いた次男、地元大学に行った僕、それぞれに多額のお金がかかっている。

両親は事前に僕ら3人にどの時期にどれくらいのお金がかかりそうか、人生の収支表をつくっていた(実際に今日それを見せてもらった)。

それほどきちんと準備をして、実際にお金を貯めていても、浪人したり、留年したり、院に行ったりして、相当想定外のお金がかかっている。

でも、ほとんどお金について困った様子を見たことがなかった。

一体どうやって生活をしていたのだろう。

そういえば以前母が「いちばんお金をかけて楽しいのは子ども」
と言って、新築祝いとしてお金をくれたりしたが
そんなに気持ちよくお金を子どもにあげることができるものなのだろうか。

そうなりたいけども。

まずは目の前の大切にしたい人を幸せにできるよう、

僕の場合は「時間」をつくっていく。

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です