スリーグッドシングス

【20190911】1.初めてnoteにコメントがついた

1.初めてnoteにコメントがついた

noteを始めて1年以上。
自分の幸せのためにただつらつらと書いていただけだったけれど
いざコメントをいただけると、自分が想像していたよりもうれしいことに気付いた。

ありがとうございます。

習慣がいちばんつよい。

 

2.先輩が夕方から時間をとってくれて、「考える」ためのミーティングを開いてくれた

ふだん僕が手や足をジタバタと動かしてテンパっていることは、
結局溺死しないようにその場でもがいていることだけでしかなくて
特に解決にはなっていない。

そういう意味では、先輩が無理やり時間をとってくれて

じっくりと腰を据えて議論することで

自分の頭の中を整理することができてよかった。

 

3.雑誌の校正が大詰め

主幹としてミスできないのは十分すぎるほどわかってはいるつもりでも

自分自身に今は特に自信をもてない。

先輩が声をかけてくれてよかった。

ダブルチェック、トリプルチェック体制を何度も繰り返して見応えのある

より良い人生のヒントになるような誌面をつくりたい。

=====
「仕事に対する誇りもあるのだろうが、仕事ができる人ほど、概してお金にもシビアだという傾向は明らかだ。」
〜菅原圭『お金持ちが肝に銘じているちょっとした習慣』〜

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です