【夫ブログ】じいちゃんばあちゃん

【20190727】1.「もったいない」が口癖のじいちゃんからの財産分与

1.「もったいない」が口癖のじいちゃんからの財産分与

今日はじいちゃんの四十九日。
納骨と御斎を無事に終えた後、
父が徐に親族全員に話し始めた。
「じいちゃんは孫たちが来ると本当にうれしそうだった。
ここまで長生きできたのは孫たちのおかげ。」と、僕たち孫全員にも財産分与があった。
こんなことが現実に起こるのかと、驚いた。
口癖が「もったいない」だったじいちゃんは
贅沢を全くしないひとだった。
魚の皮を残しているのを見たことがない。
そして、自分自身のために買い物をしたところを見たことがない。

大正10年に生まれて
幼い頃から丁稚奉公に、早稲田の夜間入学、
戦争では医療班として、
戦後混乱期に数々の会社を興しては何度も成功と失敗を繰り返し、
実の兄と立ち上げた会社を解雇され、
その後起死回生をかけた事業は認可がなかなか降りず実現せず。

子どもが生まれるも1歳ほどで亡くしてしまったり、ばあちゃんが70歳くらいで先に旅立ってしまったり。

‥想像を絶するほどつらいこと、
苦しいことがたくさんあっただろうに
いつも「ありがとう」ばかり言って明るく朗らか、怒っているところを見たことがなかった。

「はたらくことは楽しいぞ」
「おれもどこかはたらけるところはないか?」
と98歳で真剣に聞いてきたじいちゃん。

そんなじいちゃんが遺してくれたもの。
そしてその判断をしてくれた父。
僕は泣いた。

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です