スリーグッドシングス

【20190615】1.息子が生まれて10ヵ月

1.息子が生まれて10ヵ月

妻と息子に絵本を買いにいった。毎月の楽しみ。
下の歯は米つぶくらいの大きさまで見えるようになってきて、
上の歯もニョキニョキと生えてきている。

テーブルにつかまり立ちしながら、
横に少しだけ歩くことができるようになった。

息子の手首をつかんで、
肩車をして鏡の前で足踏みするととても喜んでくれる。

気付いたら僕の髪の毛は息子のよだれでベタベタに。
口を開けて笑ってくれると僕もとても嬉しい気持ちになる。

 

2.兄弟たちが帰った

じいちゃんの初七日を終えて、兄弟が東京へ戻った。
じいちゃんが家族、親族みんなを集めてくれた。
久しぶりに集まる人たちで、こどものこと、仕事のこと、人生のこと
本当に色々なことを話せた。
人と関わることで、極端な言い方をすれば関わるだけで
気持ちが前向きになるし、悲しい気持ちも分かち合うことができる。

3.自分が関わった作品が載った

時間がない中、チームで何度も議論、先方ともやり取りを重ねたうえで、
ようやくかたちになった。

僕が休みをもらっていたときは、
ときどき家などで携帯からチェックしつつもメインはチームメンバーが進めてくれていた。

それぞれが得意なところを補い合えば、
スピード感も規模もひとりでつくるそれとは桁違いのものがつくれる。
あとは反響。分析。次につなげよう。

=====
「自分の人生から学ぶには限界があるのです 。だからこそ 、プロイセンの名宰相 ・ビスマルクは 「愚者は経験に学び 、賢者は歴史に学ぶ 」と喝破したのです 。」
〜出口治明『人生の教養が身につく名言集』〜

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です