スリーグッドシングス

【20190501】1.帰省した兄にダメ出しを受けた

1.帰省した兄にダメ出しを受けた

専門性の高い職場でほぼ定時に帰り、残りの時間で投資をして約1年で相当資産を増やしている。

身内だし正直褒めたくはないが、彼は昔から非常に集中力が高かった。

今回はその集中力、知的好奇心が投資に向いただけの話。

彼にはいつも「もっと深く考えろ。先を読め」と怒られる。

なかなか会える機会がないので、明日もじっくり話を聞こう。

 

2.家で一日かけて出来なかった仕事が会社では3時間で終わった

厳密には、家では「出来なかった」のではなく「やらなかった」だけのこと。

はたらく環境が整備されているスペースを持っているということは、

ビジネスマンにとってとても重要な資産だ。

今日の仕事は午前中で切り上げて、午後からは息子、実家の家族と一緒に過ごした。

 

3.あぐらをかいていると息子が僕の足の中へ入ろうとしてくる。

とにかく誰かと一緒にいないと寂しくて泣きそうになる息子。

ハイハイはまだできないけど、一生懸命ずり這いしながら

僕の方に笑いながら近寄ってくる姿を一目見るだけで、仕事の疲れなんて全て吹き飛ぶ。

=====

「世界の一等国をもって任じておる今日の日本国たるもの、いつまで欧米心酔の夢を見ておるのであろう。いつまで自国軽蔑の不見識をあえてするつもりであろう。実に意気地のない話である。」〜渋沢栄一『論語と算盤』〜

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です