スリーグッドシングス

【20190301】1.弾丸東京出張

1.弾丸東京出張

4時間くらいしか居られなかったけれど、とても実り多き出張になった。
優秀な後輩に追い越されないよう、勉強して行動する。
2年前がなつかしい。
とにかく体力の限り、よくはたらき、よく飲んでいたと思う。
あの日々があったからこそ、「資産」という意味では、貯金するよりもはるかに意味のあるものがいまも残っている。

2.大分に転勤する同期と会えた

5分でも会えてよかった。
彼はネガティブなことを言わない。きっと気づいたら偉くなっているタイプの人だ。

3.往復の新幹線で熟睡できた

特に行き。眠れたことで頭もシャキッとした。
帰りはすぐに酔っ払ってほとんど気絶状態だった‥。

=====
「人生は何事をも為さぬには余りに長いが、何事かを為すには余りに短いなどと口先ばかりの警句を弄しながら、事実は、才能の不足を暴露するかも知れないとの卑怯な危惧と、刻苦を厭う怠惰とが己の凡すべてだったのだ。己よりも遥かに乏しい才能でありながら、それを専一に磨いたがために、堂々たる詩家となった者が幾らでもいるのだ。」
〜中島敦『山月記』〜

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です