スリーグッドシングス

【20181221】1.新聞の切り抜きを持っている営業マンはカッコイイ

1.新聞の切り抜きを持っている営業マンはカッコイイ

先輩から「10分くらいどこかで打ち合わせできる?」と言われて、
お互い時間をつくって社内打ち合わせ。

その際、先輩が分厚いファイルを持ってきた。

中を開くと対象クライアントに関する記事の切り抜きがこれでもかと収められていた。

どんなに小さな記事でも、線を引いたりさらにそこからメモをしていたり。

やっぱり
日々アウトプットするためにインプットしている人は強い。
同じ文字を見ていても理解度が全く異なる。

でも先輩にとってはこんなことは当たり前で
目指すべき旗はもっと遠いところに立っているんだよな。

ぼくも積み重ねよう。

 

2.先輩が忘年会のネタをつくってきてくれた

日々吐き気がするほどバタついている気がするけれど
忘年会の余興は手を抜けない。

でも正直この忙しさではそれどころではなく
3連休に無理やり時間をつくるしかないかなと思いつつも今日も残業していた。

すると先輩(1とは違うひと)が近づいてきて、台本を僕に渡しながら
「コンビ組もう!」
と言ってくれた。

なんだろう。なんかちょっと良いかなって思っていた子に告白されたような気持ち。

素直にうれしい笑

しかも台本を見たら文字だけで声を出して笑うほどのクオリティだった。

忙しい人ほど
一見直接業務と関係ないようなことも全力でやる。
いったいどこにそんな時間があったんだろう。

そしてとにかく頭の回転が早い。
いまの僕では絶対にたどり着かないハイレベルなネタだ。

あとはひたすら反復練習。
そのうえでどう自分たちらしくしていくか。
大変だけどたのしみ。

 

3.付き合いで買ったケーキが今年は心から楽しみ

なんでだろう、一緒に食べる人が増えたからかな。
今日はもう遅くなってしまったから
あした食べよう。
家族に感謝。

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です