社会のこと

【20181217】1.あきらめないで良かった。

1.あきらめないで良かった。

昨年までOKだったクライアントが
今回からNGになってしまった。

「このままでは企画が成立しない!
今日はこれを含め何も良いことがない!
ということはnoteに書けることが何もない!
ヤバい!うおおおおお!!」

そんな焦りと勢いに任せて、アポなしで雨の中、
すでに暗くなっている住宅街をウロウロ。

新たに賛同してくれる事務所を探すためだ。

過去に一度だけパーティーでお世話になったことがある人の事務所を目指す。

もちろんその事務所には行ったことがないし、僕のことを憶えているかもわからない。
たぶん。憶えていないだろう。

緊張しながら探し回るも、
そもそも肝心のその事務所が見つけられない。

グーグル先生で調べるとここで合っているハズなんだけど。
ちなみに、傘は持っていないのでコートをカッパ代わりに被っている。
お気に入りのコートはびちょびちょ。
何よりも寒すぎる。手も腹も顔も寒い。

でも。
ここまで来て引き返せない。
やりたくはなかったが、HPに載っていた事務所の電話番号にかけてみる。
つながらない。ぐぬぬ。

逆に僕が地域住民に通報されても困るので(雨のなか傘もささずコートを頭に被りながら暗闇の住宅街を徘徊している様子はなかなかの不審者だ)、
「改めてメールさせてください」と電話メモを残し帰社。

帰社後、震える手を抑えながら
何度も推敲して
やっとメールを送信。

約2時間後。
返信があった。

「お久しぶりです。
ぜひ協賛させてください

次回は遊びにきてくださいね
美味しいお店があるので行きましょう」

あきらめないで、よかった。

本当によかった。

カテゴリー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です