家族のこと

【20181104】1.泣いている息子を自分ひとりで寝かしつけることが出来た。

1.泣いている息子を自分ひとりで寝かしつけることが出来た。

目覚まし時計のベルのように「ジリリリリ!」と大ボリュームで泣いている息子。

僕が抱っこして少し歩いていたら徐々に泣き止んでそして僕の腕の中で眠った。

泣き止んだ息子をみて、僕は泣くほどうれしかった。

これまでは母親にしか見せたことがなかったから。

僕の顔をみて笑顔を見せるようにもなってきている。

しあわせすぎて溜息が漏れた。

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です