家族のこと

【20181103】3. 97歳の祖父が家族以外の人と談笑していた。

3. 97歳の祖父が家族以外の人と談笑していた。

身体が弱くてずっと家で過ごしている祖父が
家の前で近所のおばあちゃんと話していた。
耳が遠くなり、普段の家族の会話は聞こえにくいこともしばしばだけど
そのおばあちゃんとはちゃんと会話が成立していたのが不思議だった。

よく「退屈だ。はたらきたい」と言っているので、「他人」と話して笑っている姿が見れて嬉しかった。

会話をこっそり聞いたら
「生かされてる以上、生きなきゃイカン」
という言葉が出てきてハッとした。

今を生きる僕らは戦争や飢えで命を脅かされることはない。

言いたいことも言えるし、どこへでもいける。

いまの「当たり前」はちょっと前の日本に比べると本当に「有り難い」ことなんだ。

当たり前になってくれて、有難う。

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です