自然のこと

【20181029】1.雨の匂いがした。

1.雨の匂いがした。

いよいよ毎朝の通勤がとても寒くなってきた。

会社の手前に大きな川があって、その川にかかる橋を渡るんだけど、

微かに雨の匂いがした。

アスファルトに跳ね返る雨。

体の芯から雨水が染み出すような感触。

雨水を嬉しそうに湛えている川も久しぶりに見た。

小さい頃の記憶がフッと横切った。

たまに起こるからこその有り難みというのはきっとある。

この感覚は久しぶりだな。

カテゴリー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です