スリーグッドシングス

【20181017】1.朝の喫茶店で少しだけ常連感が出てきた。

1.朝の喫茶店で少しだけ常連感が出てきた。

いままでは普通に帰るタイミングでお金を払っていたけれど、

気付いたらほかの常連さんがそうしているように珈琲が来たタイミングでお金を渡すようになっていた。

馴染みの客感が出てきたかも笑

マスターにも顔を覚えてもらっているようだし。

他の常連さんも「自分の席」に座ってその時間その場所で何をするのかが決まっていて面白い。

新聞を読んだ後パズドラを15分くらいしているサラリーマン。

7時50分頃に来てアイスコーヒーを飲みながら文庫小説を読んでる女性。などなど。

誰も何も話さないけど妙な連帯感が心地良い。

 

2.先輩と一緒に営業車に乗ってリフレッシュできた。

仕事の話はもちろん、家づくりのことや家族のこと、資産運用のことなど

普段オフィスにいるときはなかなか話せないことでも

社有車の中でなら話せるから不思議だ。

「日常」の中にある密室という「非日常」の空間が良いんだろうな。

僕はタバコは吸わないけれど、

それでもたまにタバコを吸う人と喫煙所に行って「ここだけ話」をすることがある。

いつもは一人でボイシーを聴いてるけど、たまには一緒にまわるのも良いなあ。

 

3.手帳が見つかった。

見つかったというかシンプルに会社に置きっぱなしなだけだった‥。

よかったよかった。失礼いたしました。

カテゴリー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です