社会のこと

【20180827】デザイナーさんのスゴいところ5選!

先日、デザイナーさんと仕事をする機会があった。

複数のデザイナーさんたちと一緒に、ひとつの作品をつくっていくんだけど
その仕事ぶりがとても勉強になったので、特にスゴいと思ったこと5つをここに書き残しておこう。

<1>コミュ力が高い
特に「聞く」力が非常に高いと感じた。日々クライアント等から「こんな感じで」というイメージをヒアリングしつつ、それを「デザイン」というカタチあるものに変換していることで磨かれた能力なのだと思う。
話は面白いし、物腰も非常に柔らかいのが印象的だった。

<2>思考が深い
イメージを具現化する習慣がついているので、地頭が良いというか常に自分の頭で考えているイメージ。よく考えると、デザイナーのような「パクリNG」という業界は意外にないのかも。

<3>クライアントからの信頼が厚い
「ああでもない、こうでもない」というやりとりも何回も重ねながら、クライアントからの要望に日々応えてきた証なのだろう。「いつもお世話になっているデザイナーの○○さんが言うなら協力するよ」という企業がどれほど多かったことか。今ほど拡散しやすい時代はこれまでなかったので、その分企業としても広報ありきではなく自社イメージや商品自体の価値をいかに高めていくかという点に重きを置くようになっている。

<4>デザインが大好き!
とにかくデザインに対する情熱が半端ではない。サラリーマンをしているとそうではない人にも出会う場面が多々あるので「すきを仕事にしている」人たちばかりが集まる場で一緒に仕事ができたのは意外に新鮮だった。はたらいてもデザイナーさんから逆に元気をもらっている状態だった。

<5>カッコイイ
結局この一言に尽きると言っても過言ではない。オシャレだし見た目もカッコイイ人ばかり。やはりセンスが抜群なのだろう。
その人の「軸」がブレないので言う事にも一貫性があるし、そのうえこのコミュ力もあれば尋常ではなくモテるだろうなーと勝手に妄想していました。圧倒的に仕事もできるし。

また一緒に仕事がしたいな。
自分の名前を看板にして稼げるひとになろう。

カテゴリー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です