出産

【20180717】「父になる」を自覚したとき

奥さんの妊娠がわかったとき、
心の底からうれしかった。

とにかくずっとにやけてるくらいうれしかった。
けれど。正直、どこか他人事みたいで
まだ実感がもてない自分がいたのも事実だった。

本当に自分が父親になれるのだろうか?

そんな思いが一気に晴れたのは

はじめて赤ちゃんの心臓の鼓動を聞いたときだ。
奥さんの定期検診。先生がエコーを見せながら赤ちゃんの心臓の音を聞かせてくれた。
よくわからないけど、涙が出た。
この子たちを絶対幸せにしようと思った。

仕事も日々失敗ばかりだし
私生活でも忘れ物が多かったり、
頼りないところがまだまだあるけれど
奥さんのために、そしてこれから生まれてくる息子のためにも
父としてできることからきちんとやっていこう!

そして、子どもの名前を考えるのが
これほど難しいとは、、。
世の中のお父さん、お母さんはそれだけでなんと偉大なことか痛感します。

カテゴリー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です